Netlaputa website Menu
Possiblity of infinity  NetLaputa

ネットラピュタの由来

ラピュタはガリバー旅行記に出てくる浮島の名前です。
1995年 国内インターネットの草創期に、浮くはずの無い島が浮くように、無限に広がるインターネットの可能性を意味して命名されました。
現代では1995年当時は考えもしなかった事が次々と実現され、まさにインターネットの可能性は限りなく社会に広がっております。
ネットラピュタの思想は現在も根底に受け継がれ、当社の概念となっています。


logomarkロゴマークについて

ネットラピュタのロゴは その由来のコンセプトである 浮き島 をモチーフとしています。

両手を広げたV型 は人の集合、すなわち社会を表し、浮き島はネットラピュタが実現する独立した社会を表します。そして人の頭部と浮き島の影を重ねることで 既存社会との連動を表します。

NEWS

2020/05/26
電話サポート再開について
2020/05/11
新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響拡大に伴う、電話サポート休止について 3
2020/04/24
新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響拡大に伴う、電話サポート休止について2
クラスC分散サーバ
NetLaputaレンタルサーバ