Netlaputa website Menu
Possiblity of infinity  NetLaputa

ネットラピュタの由来

ラピュタはガリバー旅行記に出てくる浮島の名前です。
1995年 国内インターネットの草創期に、浮くはずの無い島が浮くように、無限に広がるインターネットの可能性を意味して命名されました。
現代では1995年当時は考えもしなかった事が次々と実現され、まさにインターネットの可能性は限りなく社会に広がっております。
ネットラピュタの思想は現在も根底に受け継がれ、当社の概念となっています。


logomarkロゴマークについて

ネットラピュタのロゴは その由来のコンセプトである 浮き島 をモチーフとしています。

両手を広げたV型 は人の集合、すなわち社会を表し、浮き島はネットラピュタが実現する独立した社会を表します。そして人の頭部と浮き島の影を重ねることで 既存社会との連動を表します。

NEWS

2017/11/28
東京都中小企業雇用環境整備事業に於ける仕事と介護の両立支援推進事業に参画登録しました
2017/10/24
無料SSL Let’s Encrypt 自動更新対応
2016/04/18
IP分散サーバーSCRS:分散プロキシ提供開始
クラスC分散サーバ
NetLaputaレンタルサーバ